« 2007年6月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月26日 (金)

グレンラガン 第3話

1話と2話のレビューを書けなかったので1~3話までまとめてレビュー。

まずは1話が超絶面白かった!
グレンラガン、CSで1話から始まるって聞いたので楽しみにしてたんですが、正直ストーリーには何も期待しなかったんです。ただ、6月に夏コミの新刊を作るにあたって資料を探そうととらのあなに行ったとき、目の中にお花が飛んでるカワイコちゃん(死語)を見つけて、それが何の作品の何というキャラかも知らずに表紙買いしてきたら、それがこの作品のニアっていう少女だったんです。

もうどれだけ驚いたって、そりゃ天地ひっくり返る勢いですよ、だって夏にニア本を出したい、出したいと思っていたら、無意識にニア本を買ってしまったわけです、でもニア違いだよ!(笑) まさかこの世にデスノートのニア以外にニアというキャラがいたなんて知らなかったので、本を開いて、お目当てのコがニアって呼ばれてるのを見たときの私の頭の中に舞い飛ぶハテナマークときたら。
ちょっとずれてる私の超能力に乾杯!
そして一目ぼれした子がまたまたニアって名前だった偶然にも完敗!

まぁデスノのニア本は無事に頒布できましたのでその話は置いといて、同人誌を読んだはいいけどこの作品がなんなのかそれでも私はわからなかったので、ネットで調べたんであります。それがグレンラガンという作品だと判って、地上波を2回くらい見てみたけれど、話が進み過ぎていてもうわからなかった。なのでこれはネット配信されたら一話からちゃんと見よう、と思って追うのはやめたわけです。

そんな前提があった上でのこの秋からのグレンラガン放映はもう待ってました~ウェルカム!って感じなのです。

ただ、キャラ萌えではじまった興味だし、ストーリーはまぁ適当に面白ければ・・・という感覚で臨んだその一話が神だった! そしてキャラの名前もカミナだった! だいたい面白い話と言うのは第一話の作りからして人をグイっと引きこむものですな。デスノートの第一回もそうだったし、おお振りの原作漫画も第一巻を読み終えたときには二巻を読みたくてしょうがない興奮状態にありました。

主人公はシモンなわけだけど、二人で裃・・・まぁ攻めと受けを公式が自ら指定したってことでしょうか。(激しく違う) そしてヨーコが横恋慕・・・上手く出来てますね。(だから違うって)

一言で言えば、カミナかっこいい! これは婦女子的な黄色い声ではなく、むしろ自分の中に住む男性性が言わせるカッコ良さと言える。つまり男から見てカッコいい男だ。というか男とかどうでもいい。全体的に作品がカッコいいというか、スピーディーでいさぎよいね。

隠語や暗喩もかなり多いですよ。しょっぱなから「お前ののドリルで天を突け!」 自分のドリル欲しくなったし。
ヨーコがほとんど全身素肌なのも気が利いてるというかなんというか

彼らは長いこと真っ暗な世界に生きていたんだね。むしろ生まれたときから、それが世界と言うものだと思って生きている。よくカミナのようなたくましい男が育ったもんだ…けれど想像しただけで、外へ出るべきだって思います。

顔だけのロボット(という表現が正しいのかどうか?ですが)というのも斬新。SDガンダム的な、メカそのものが意志や感情を持っているようにも見えるのが面白い。しかもその顔は表情が変わり、アセった顔したり歯を食いしばったり。本来ロボットものって言うのは操縦者がコクピットみたいな所に乗りこんでしまうと、カメラフレームにその人間を映さなければ感情や顔つきを見ることができないってイメージがあったけれど、これはいちいち中を映さなくとも戦闘シーン・アクションーンの勢いと流れを止めることなく彼らの状況を理解することができるので、奇妙ではあるけれどウマい設定だなと思いました。

1話で黙々と真っ暗な地面を掘り続ける男たちの様は、居場所のない、帰るべき場所をまだ持たない幼い独身男性たちの自己Digにも見えました。彼らが閉じ込められている地下の穴蔵からの脱出は、男性性の目覚めであるとともに、そこでみる眩しくて明るく突然に拓けた地平線は、これから自分の帰る場所・・・というよりも人、家族などを探し求める旅のはじまりでもあります。

という予感を勝手にさせるような第一話でした。まぁ私は深読みしすぎですが自分が感じたことを自由に書くのがレビュー記事なんだからまいっかと。。

2話ではカミナがそうとは知らずに威勢良く話しかけていたガイコツの正体が最後に明かされる話になるのですが、これはまぁ見た方がいいでしょうということで3話に急に飛びます。

この回はなんとオープニングで「ちょっ・・・この悪だけで体が構成されてますみたいなシビれる男は誰なの!」っと身悶えていた危害度100パーセントの顔した敵が登場! うは~v これは女目線的にステキもうどうにでもしてといいたくなる勢いです。無感情で冷酷な登場人物に弱いのだ・・・(※物語の世界だからであって現実にいたら嫌だし惚れないけど)

コイツがすごい強そうなんであります・・・載っているロボもスマートで速い!しかしシモンとカミナも負けてなかった!なんとカミナの脳味噌があるべき頭蓋骨に筋肉入ってんじゃないのというような愚かっぷりでシモンのロボを頭に乗せて合体とか言ってる。ちょっ・・・笑!とか思ってるとこれが偶然にも愚策じゃないんだな。こういう読者視聴者をイイ意味で裏切ってくれる壊れた展開って大好き。なんとシモンのロボ(グレンと勝手にカミナが命名してた)からカミナのロボ(ラガンとこれまたカミナが命名してた)に神経ネットワークが張られていく!スゴイ! このあたりエヴァンゲリオンを彷彿とさせます。

これらのロボは顔が付いてるから顔面ってことなんだろうけど「ガンメン」と呼ばれてまして、ガンメンとガンメンをくっつけることで合体できるらしい。最後に敵のヘルメット(鎧冑のカブトの部分)をかぶったら、きっちりそれも自分の一部に…この「最後にちょとカッコイイ部分を敵から取って自分とする」っていう発想も自分的にはツボ。これで今回ついにタイトル通り「グレンラガン」ができあがりました。

ガンメンたちの動きはさすがガイナックスだけあってエヴァに似てる。
とくに腕の所から細い無数の板が一瞬にして出てきてパラボラアンテナ様の盾としてきのうするところなんかカッコいい。

どうでもいいけどこのココログにはエヴァのテンプレートがあるから今のらき☆すたのテンプレとどっち使おうか迷ったんですが。

どうでもいい話のついでに、実は3話でヨーコを見てて思ったのだけど、この作品(というかヨーコがいること)って、80年代のバイファムにどこか通ずる。すごい大好きだったんですよ。英語の詩を暗記するくらい好きでした。

別に作品が似てるとかっていうつもりではなくて、ヨーコが気の強い女の子で、今のところヒロインが一人しかいないでしょう。そして主人公級の男が二人、あとゲイ子さん一人。絵で言うならば「バランスが悪い」のですよ。何かが足りないと感じさせる。この時点ではわざとそうやって、足りない何かが埋まればいいのにと暗に視聴者に視聴者の側から望ませる・・・すごい神番組だと思います。

元気でチャキチャキした女の子の対極には、おっとりしてホンワカした女の子らしーい女の子が欲しくなるじゃありませんか。

ニアがいつ出てくるのか、何話で登場するのか私は知らないんですが、それはお楽しみでとっておこうと思います。
けど、勝手な期待として、バイファムの最終回では「キミは一人で生きていける。彼女は僕なしでは生きていけないから」って、ショートカットの女の子は振られて、緑の髪の長い女の子と主人公が荒野に二人で去っていく…彼女と一生をともにすると心に決めたんだね……のような羽目になれ!と思ってしまう……

私がもしも6月に先に同人誌で彼女の存在を知っていなかったとしても、ちょうど彼女のようなキャラが欲しいと思ってしまう展開なんですよ。第3話の時点で……もう計算されつくしてる感じで、手のひらの上で転がされてるんだろうなって気になる番組です。

グレンラガンが恋愛アニメだと言ってるわけじゃないし思ってもいないですよ? そうじゃないけど、バイファムに雰囲気が似てるから、バイファムの最終回を思い出していたってことです。

対極的な二人の女の子を一人の男が選ぼうとすると、本当は元気な子は強がっているだけであっても、またその子の方がより自分を助けてくれたり、そばにいて、気安くて、ありのままの自分で付き合えて、近い存在だとしても、男は何故か、自分をより奮い立たせてくれるような女の子らしい女の子を選んでしまう・・・なぜなら、その子のために、自分は本来の自分以上に強くなれるから。

とかなんかそんなサブテーマが隠れてんじゃないの~?って言いたくなる……どうも女は戦いの行く末よりも恋愛が気になる生き物のようで。

とりあえず、そんなヨーコのツンデレが見られる第三話でした。まぁヨーコが可愛くなるのはシモンじゃなくてカミナに対してなんだけどね!

続き楽しみです。

| | コメント (0)

もえたん(最終話「スキップ」)

始まりを楽しみにしていた番組がまたひとつ終わってしまった……今俺の頭の中にはカックラキン大放送のエンディングテーマが流れている……

「楽しかったひとときが~今はもう過ぎていく~~♪」

というわけで、もえたんもあっけなく最終回……せっかく魔法王国やらいじり倒せばいろいろできそうな設定満載だったのに……変身シーンとお風呂シーンだけで20%は越してるんじゃないか! というような構成でしたが。

最終回での見どころは、オタクの要望をそのまま形にいたしました的な「ナオくんの妹がマジカル戦士として変身して戦っちゃう!」ってところでしょうか。となりのみよちゃんの変身シーンは同人誌でしか見られないものと思ってましたが、まさか本編自らやるとは……ここ最終回に来てやりたい放題だな! いや前半もそうだったけど、それはお色気方面での演出がやりたい放題だったのに対して、最終回のはもう設定とか世界観までやりたい放題。

みよちゃんの変身については、そうですねアドベンチャーエロゲのメインストーリーを無事に解いた後に現れるおまけストーリーを見たような気分でした。まぁぶっちゃけ、To Heartのマナシナリオを見せられた感じ?と言えばうなずいてもらえるでしょうか。

あの逃げ回っているだけのダンディが国王だったのか!?と見直したと思ったら、今度は犬になってみよちゃんをマジカルみよにしてヨダレたらすとは・・・目的はなんなのさ・・・部下も部下なら国王も国王だ・・・
ダンディを追い続ける警官は銭形警部状態だし、あしたのジョーが真っ白になってるし、壊れてる・・・壊れてるよ……

あとテンプレ通りの「これが感動ドラマである」をオヤジとあひるアークスがわけもなくやるんだけど、昭和時代の典型(笑)で、これもイイ感じに壊れてる。っていうか、あのセリフそのままで色んなキャラをはめたら少なくとも同世代の人間はニヤリと笑いそうだ。

これ系のギャグはすでに80年代にパリンコ学園で堀ちえみ「お父っつぁん、それは言わない約束よ・・・」と繰り返しやっていたのだから、元ネタはもっともっと古いってことだよね?
病気でもうダメなのに頑固一徹な、人の施しは受けねぇ!みたいに追い返す…水戸黄門の印籠並に期待通り。どうでもいいような本編無関係のギャグだけどつい笑いながらツッコんでしまう・・・ホントどうして最終回でいきなりアークスがいいことしなきゃならんのだ(笑)
不条理ギャグ好きなので自分には面白かったけど。

すみの「えっちv」もヨカッタ~~~vvv 良かったよハァハァ すみ役の声優さんに拍手を送りたいですね。

なんだか最終回なのにどうでもいい感じだったのは、まぁ本題の大学受験はみんな受かって大円団に決まってるし、なにか小ネタの寄せ集めっぽくして飽きさせないようにってことだったのかなぁ。

この記事読んでもね、もう話があっちこっちで一体どんな話だったのかわかんないと思います。だって、本篇がこの記事みたいに構成されていたからです。そういう意味で、この記事は大変優れたレビューになったと自負しております。

こんな終わり方で、いいのかなぁこの記事・・・

以上!

| | コメント (0)

2007年10月22日 (月)

ローゼンメイデン・トロイメント 第6話 「天使」

銀様の目覚めを描いた回でした。そして第七ドール薔薇水晶と水銀燈、初のご対~面~のシーンでもありました。
あの薔薇水晶に「強い!」と言わせるなんて、銀様……ミーディアムなしで真紅と互角に戦ってたもんね。

っていうかローゼンメイデンのお父様って生きてたんだ~!?
なんか、もっと歴史古いドール達なのかと思ってたから意外でした。
しかしドール  直すのはいいとして、どこで誰と誰が戦ってどこに倒れたとか、把握して連れ帰れるんだ……

久しぶりに「おバカさんv」を聞きましたがやはりイイですね!

ところで真紅はSだと思ってたのに(いやSだと思いますが)、水銀燈×真紅、アリだ! 真紅が受け顔してた! ヤバイほど妄想!!
もう真紅は他の誰にもSなのに水銀燈だけにあんな顔見せてればいいよ!!

それから最後の最後にでてきた人形屋、「やっぱりね」って感じでした。何かあるとは思ってたがやはり……。

来週のタイトルは「茶会」だそう。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月20日 (土)

初音ミク・・・

ここしばらく黙って情報追ってますけど・・・初音ミク、番組での紹介問題に終わらずになんだか検索エンジン系のことでも色々憶測が飛び交ってるようですねぇ。

自分はミュージアム2とか3とかのあたりから個人的に趣味でパソコンミュージック打ちこんだり創ったりしてたけど、人の声で「歌詞付きの」曲を歌わせることができるっていうのはホントに夢のような話で…別にアイドルとかいうキャラ萌えではなく、純粋に素晴らしいソフトだと思って見つめていたのに。

それに、子供の頃によく聞いたアンドロイドとかの名称から、ちょっと人造人間的な印象もそそってくれる「ヴォーカロイド」っていう名前。
初期To Heartでメイドロボのマルチのシナリオにマジ泣きした身としては、人間じゃない感を敢えて出してる命名もまたすごくいいんだけど・・・なんでもリアルにすればいいかっていうと、それはホラ、技術畑の人間の競争とか職人魂として追求してみるのはいいと思うんだけど、受け取る側にはほどほど感とか、逆に不完全さ、未完成な感じが愛おしいっていう感情もあったりなんかして・・・

って、狙ってただけでまだソフト持ってない自分には大して語る権利もないんですけどね。

でも欲しいソフトがいくつかあって、それぞれ安くないし順番に手に入れていこう・・・って目星を付けていたソフトの中に、このソフトがばっちり入っているのですよ。

まぁ、その前にコミスタが欲しいわけですが。
(夏コミ前にPhotoshopCSとIllusutratorCSと一気買いしたばっかりなので流石にそうポンポンとは揃えられないでありますOTL)

今はすでに聴くことのできる素晴らしい音楽たちを聞いて、時に瞬きをし、時にニッコリと笑い、口をぱくぱくさせて歌っているミクミクたんにほのぼのさせてもらうだけなのですが・・・

続きを読む "初音ミク・・・"

| | コメント (0)

もえたん(11話)

先週の感想が書けなかったのが痛い~;すっごい一気に展開して、中身濃くて大満足だったんですけど、今週もその続き♪

魔法王国は助かってよかったねっていうシーンから。しかしあのコートの男(ダンディ)の正体にはビックリでしたよ。イイ意味で。というかね、高校生の時、友達と秘かに「ダンディ」と呼んでいた男子クラスメイトがいたのですよ(笑。いや別に好きも嫌いもなく、本当に制服よりもタキシードとか正装系の似合いそうな雰囲気だったので、面白半分に、でも好意的にニックネームをつけていたわけですが。

ダンディはいいとして、つぎはありすたんの話だ…あーくんじゃないけど、私も貧乳ありすたんが好きだ!そして変身後の淡い金髪ありすが好きだ!さらにいえば「うさみみ」コレ最強!!!

大人版も、可愛いんだけどね。ロリエナジーが臨界点を突破するアニメとしては、やはり小さいモード萌えですハイ。

第一話からそうなんだけど、大変ステロタイプにアーク大人版にも萌えますが、何気にカー君カッコ良かった!ただしスミちゃんと相思相愛であることとそういうやさしい男だっていう設定込みでの萌です。外見だけでハマる系じゃないけど、すみと見つめ合って赤くなるからこそいいのだ!そこだ!ソレだ!!

なんか前回の感想が多分に混じっておる・・・
今回のメインは、魔法が使えなくなって返信もできなくなって想い人に英語を教えられなくなって、そんな落ち込んだいんくがコスプレでぱすてるインクとして上がりこむっていうのと、悩んでるときにあのツンデレすみが「私たち、おともだちじゃない!」っていうところが主題かなって感じです。

ホントにここ数回で私的にすみのポイントがぐぐぐぃーっと上がりまくり。イイ子やん・・・(*’ー’*)

| | コメント (0)

おおきく振りかぶって(最終回)

おお振りアニメ最終回、見ました。
ああ・・・面白かったのに!毎回ひそかにミハに萌え萌えしてたのに・・・
金曜の夜は絵茶の予定を土曜にしてまで見たいほど楽しみにしてたのにっっ
(もちろん録画してるので絵茶普通に参加しますけど^^;)
これで金曜の楽しみがまたひとつ減ったなぁ。ショボン。

CSだと2話連続放映なので、試合の結末と、後日の話と一気に見て、終わってしまいました。

でもコレはそのまま来週の放映があっても何もおかしくないような終わり方だ…「え、ホントに今週で終わりなの?」と思いつつ。

第三者の目で見ていたから気付かなかったけど、たしかに阿部くんは怒りっぽいっていうか、あのどなり声で三橋君をかえって委縮させちゃってたっていうのはあったのかもね。全然意識してなかったので、番組の中でそう描かれて初めて「思い返せば初回から…」みたいになりましたが。

CSで見るのってほとんどが地上波ではもう終わっちゃった番組を後追いで見るから、多少のネタバレは大丈夫なんでしょうけど、試合結果は言わない方がいいんだよね?

原作、1巻しか読んでなかったけど、一気読みしたいなーっと思いました。

それにしてもこの番組のOP曲とED曲はホント良かったー。大好きだ。曲がいいと本編までワクワク度UPしちゃう。

先月カラオケでアニソンばっか歌う3時間というのをやったんだけど、うろ覚えながらもこれ入れたらすっごいキモチ良かった~vv プリキュア5の曲ともえたんの曲、あとハヤテのごとくの曲も歌ってて気持ち良いです^^

| | コメント (0)

2007年10月 7日 (日)

ハヤテのごとく!

先週の終りに、白い虎とナレーターさん執事が出てきて、これは強敵になるかっっ!と思ったら、なんだよオープニング音楽が始まる前に終わっちゃうって!?しかも相変わらずナギの思い込みが激しい。
「達人になると指一本触れずに敵を倒すという…お前もその域に達していたとは」ってどんだけ物事をいい方にとれば気が済むのか!?

そのあとナレーターさんがかぶり物を突っ込まれてるのもいいですね。ていうかあの組み合わせで誰も彼らの正体に気づかないのが最高です。

あちこちに挿入されているオタネタですが、先週のテンプルちゃんうちわはウケたのですが、今日の「一心同体少女隊」は古さが中途半端過ぎてとっさに思いつけなかった…!亀仙人に弟子入りもせずかめはめ波がつかえるハヤテは世界最強ですね。

本日はベスト8からベスト4、準決勝と勝ち進む執事戦・・・決勝戦まであっけなさすぎてもったいなかったけど。


っていうか詩音はシークレットブーツでなんで腕の長さまで伸びて髪の色まで変わって顔つきまでイケメン青年になるのかと問いたい!靴が脱げただけ背も縮む完ペキ別キャラ少女って・・・どんだけ萌えっ子なんでしょーーっ!
執事も執事なら雇ってる理事長も理事長!いきなり蛇をまとった悪の女神みたくなっちゃって別人でしょもう・・・

というわけで、ホントにバトルものになってきました。また来週。

新エンディング、何回か聞いてますけど、結構好きです。前のED大好きだったから残念だと思ってたけど、これも可愛くてイイ!


| | コメント (0)

プリキュア5

今日初めて気が付きましたが、オープニングとアイキャッチ、変わりましたね。
OPにミルクがやっと出てきた…けど、プリキュア達の変身シーンとかになってしまった部分は、ちょっとオープニングらしい華がないというか…いつも見ているせいか、使いまわし感もあったり、背景なんかもちょっと淋しい。

のぞみたちが買い物に行ったショッピングセンター、BGMに子犬のワルツがかかってたのってココやナッツ達のイメージに合わせてなのかなぁ?

「大事なものは失って初めて気付くものだ・・・」ってたとえ敵でも老人に言われるとなんか妙に重みがあったりしますね(笑
本日はナッツと小町が主人公です。っていうかパルミエ王国が滅びたのってナッツが門を開けてしまったからだったんだ・・・そうだったのか。
にしてもこの二人はますますイイ感じになっていくな~。

今回も変身シーンはうららタンばっかり見てましたv キュアレモネード万歳!

※エンディングの振り付けも変わってた気がする…サビのところ、手を上下するだけだったのでチャチイなーと思ってたんですが、今日は結構良かった。ちゃんと踊れるものにしてくのかな。

| | コメント (0)

2007年10月 5日 (金)

もえたん

今回はいんくの風邪引きネタでした。
くしゃみと共に倒れるいんくに押し倒されるすみ・・・って、私からするとすみが攻めかと思ってたんですが、らきすたのかがみも一見脱力系で図太かったりするこなたにいじられてるし、世の中ではツンデレ側が受けになる法則でもあるんでしょうか!?
でもでも、今日はマジですみが可愛かったですvかーくんに言われたわけでもないのに、いんくを助けるために自発的に変身するすみ・・・小さなマスコットから子供のころに風邪引きのお見舞いに来てくれたいんくを思い出すすみ・・・サイコーなのは、この回想で、瑠璃子さんにおとなしく寝ているように言われて「わかった」って小さい声で答えて大人しく寝るスミ!萌え萌えーーー!!!

それと、ストーリーもやっと佳境に入る模様。ありすの所に来た謎の黒い少女も一体誰なのか興味津津です。
魔法界が消えちゃうかも!?そりゃ大変!!
オープニング見ながら、ありすはあーくんを敵視してるけどOPでは三人一緒に戦ってるし、いつどうなるのかなと思っていたら、ここらへんの事情で協力する流れになりそうでしょうか。

今後の展開が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年11月 »