« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月28日 (金)

鏡音リン・レン声質の感想

次々レポ。

デフォルトまんまの声って、ミクよりも一音とか半音しか上がってないのに直前の声色からの替わりっぷりが激しいように感じました。特にレン。

あくまでも「初音ミクの声と比べて」であることと、「デフォルトのままで」あることが前提ですので、それだけいじりがいがあるということも逆に言えるのかもです。

歌詞は入れずに「あー」だけで、長さは色々で、音階も色々で、各音長めに歌わせたんですが、音の上下だけで別人並みに違ってしまったように聞こえるところもあったような。

あと、ミクよりも人の声っぽくない気がします。これもレンの声の方なんですけど・・・声というよりコンピュータ音に聞こえてしまう感じのことも多かった。
リンの声は可愛いので多少許しちゃうかな。

でもこれらは個人的な感覚に過ぎませんし、私の気のせいということもあると思うので、あまりアテにはなさらずに。

後悔とかは全然ないですねー♪ ひたすら嬉しい~v

早く冬コミ&年越し帰省から戻ってきて色々歌わせてみたいっス☆
初音ニアと鏡音メロで無性別の天使デュオ「メロニア」を捏造して勝手にデスノキャラの(というかニアの)トリビュート曲を作って歌わせるのだ!

そしてメロの腕に02と書いて「いつも僕は2番・・・」と言わせてやる!
フハハハハハハ!

色んな意味で楽しみです♪

| | コメント (0)

鏡音リンとレンをインストールしたらですね、

なんとアイコンが増えなかった!

いやつまりどういう意味かというと、私は初音ミクと鏡音リンレンは別のソフトとして起動させることになると思っていて、だから起動用のショートカットアイコンがミク用とは別にリン・レン用のが増えるんだと思っていたんです。

ところがよく見ると、デスクトップのショートカット名は「VOCALOID Editor2」となっていて、同じじゃないですか。
説明書も読まずにセットアップアイコンをクリックしてしまったし、一瞬、「え、まさか上書きされた!?」とちょっとアセったんですが、無事にインストールされてました。

ちなみに、起動アイコンはミクと同じだし、当然開いた画面も同じで、最近使ったファイルの履歴にもきっちりミクのデータが入っていて、「これは、どこが変わったのか?」と思うんですが、[設定]メニューの中に[歌手のプロパティ]という項目があって、これを開くと0がMiku、 1がRin、2がLenという風に名前が入っているのであります!

これが確認できたところでほぅっとひと安心いたしました。

画像貼っときます。クリックすると大きくなります。

Vocaloideditor2

本当はすでにあるミクの唄のデータでそのままリンとレンに歌ってほしかったんですが、やり方が判らなかったので、とりあえず新規でつくることにして声を聴きました。

これはさっきと同じく[設定]メニューの中に[プリファレンス...]という項目があるので、そこの[デフォルトの歌手]のドロップダウンリストからリンやレンの名前を選んでおいて、[ファイル]メニューから[新規]で音符を入れてやりました。

とりあえずこれで3人の声を聴くことはできました。

合唱のさせ方とカはまだわからない・・・初心者なもんでスミマセン。

ちなみにインプレスさんから「できる!初音ミク」が出るそうです。WordとかExcelのようなオフィスツールならわかるんですが、Vocaloidの使い方が出る日か来るとは!
きっと「わかる 初音ミク」も出るかもね。

しかしこの「使い方がわからないからこそ出版業界に経済効果が」みたいなのって、初代iMac発売の時にマニュアルが付いてこないぜ事件を思い出すんですが・・・(笑

ちょうどその前には、インターネットとかホームページが爆発的に普及しつつあるのに「FTPのやり方の入門書がない」という時期もありましたよね。
必死でインターネット入門テキスト作ってhttpやらftpやらntpやらの転送プロトコル&サービスについて説明しましたけど、WWWのリレー方式がそもそも判らなかったようだし。

そんなことはいいんですよ!

とにかく、インプレスさんおつかれさまです!私も買おうかな。
弱音ハクにならないようにね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

リンとレン、我が家にも来ました♪

鏡音リン&レン、予約しておいたのを仕事の帰りに受け取ってきてもらいました~♪

使用説明書(実践ガイド)はミクの時とおんなじですね。一応ミクのはバージョン1.0でしたが、リンレンのは1.0.1になっていました。1ページずつ確認しましたが、項目自体はまったく同じですね。

もう早速使いたくて仕方ないのですが、明日の朝は冬コミに出発なんですよ!ああっこのスケジュールがにくい!!

自宅からコミケに行けたらあと3晩は家でパソコンに向かえるものを! くぅっ…

だが致し方なし。私がミクとレンで遊べるようになるのは正月三が日も明けた4日以降です・・・まさにお預け状態・・・もどかしい・・・・・・

それより冬コミでボーカロイドミュージック好きのお友達とかきたらいいんだけどなー。
キャラ萌えはもちろんなんですけど、まじめにパソコンソフトとしての初音ミクを動かそうよっていう。

んでついでに絵とか描いちゃって作詞とか作曲とかしちゃって動画とか作っちゃってトータルに文・画・音で遊びませんか~誰か~♪

続きを読む "リンとレン、我が家にも来ました♪"

| | コメント (0)

2007年12月23日 (日)

ハヤテのごとく!先行最終回後編「良い子の友達借金執事万歳!」

今回もストーリー的に密度濃かった~♪満足じゃ♪
タイトルからして、前回の「危うしハヤテ!機能完全停止」とセットで、人造人間キカイダーの前篇と後篇の最終回サブタイトルが元ネタのパロディになっているようだ・・・

ちなみにこの特撮番組『人造人間キカイダー」のサブタイは
「危うしジロー!機能完全停止」(前編最終回 )
「良い子の友達 人造人間万歳」 (後編最終回)

表記とか細かいところはわかりません。いつもこの手のパロディに先に気付くのは当家の主のほうなので、彼の記憶頼りです。
<FONT SIZE="-1">どうでもいいがこのご主人様が欲しいと言って21日(ついおととい)発売のオリジナルガンダムのDVDを昨日買いに行ったらすでに売り切れていた…やはり無印ガンダムの人気は根強いな。</FONT>

パロディはさらに、アイキャッチがグレンラガンのアイキャッチ風になってる~!!
前回のヴィラル声の檜山修之氏が出たんだから前回やっとけばもっと受けたのに?
それとも前回の噂を聞きつけてハヤテを見にきたグレラガFanへのサービスを考えた「敢えてのズラし」?
(檜山修之さんの誕生日が8/25らしい…ニアと1日違いの乙女座だv つってもデスノのニアですよ。)

CMに入るときは変なドリルが画面中央にあるし、絵柄が、モロにあの劇画風な線だ。
作品本編に戻るときも、カミナのサングラスをしたと、ニアの髪飾りを付けたナギの2ショットです。

さらに本編で理事長の執事シオン(風貌男性化中)が載ってるロボもモロにグレンラガンぽく、その操縦室も、さらに。。。。シオンの動きがどうみてもデフォルメされたカミナの動きで(よりヒドいことになってるけど)、三千院気の執事達の雄たけびもまたグレンラガンノノリなのだ。
今回は徹底してパロりすぎ。

ちなみに萌系サービスも忘れてない。理事長に伝説の執事服とやらを着ろと言われるハヤテだが、それ執事服じゃない!メイド服だ!

敵にはなぜかヱヴァンゲリヲンの映画で出てきた青い菱形のシトが登場。これはグレンとのガイナックスつながりですか!?

で、ここで理事長たちは実はバックにいる白い大蛇に操られているのだということがわかるのです。
「一度着たら2度と脱ぐことはできない」と言われたメイド服を着て、身も心も理事長の執事となってしまっていた女装ハヤテですが、脱がそうとするナギの心からハヤテを想う言葉にハヤテの目の色は元に戻り正気を取り戻す!
そしてタンカきります。

「僕を信じてくれるお嬢様がいる限りは僕は執事だってことを」

カッコイイ科白を言ってくれるじゃないですか。

こうして光り輝く伝説の真の執事服が目覚める! 装着シーンは派手派手だ!
そしてこれはどう見てもセーラームーンの変身シーンだ!!

ギャラリーのひなぎくさんたちが解説書(取扱説明書?)を読みます。
伝説の執事服が、真の執事であるかどうかを試すために「その者は一度執事の力を失わなければならない」

で、ハヤテは執事の力を失っていた・・・と。

黄金の執事服(鎧っぽい)を身につけたハヤテが繰り出す「僕だけの執事必殺技」!
おお、ついに・・・!

以前から「執事たるもの、何か必殺技を身につけなければならない」と言われて以前も本を読んだりしていましたが、ここにきてついにハヤテも必殺技を身につけたのです。

呪で理事長たちを操っていた白蛇をやっつけて、シオンもまたちびキャラに戻り、出会いの自動販売機であたたかいウッシッシッコーヒー(死語)を買ってもらって、ナギが目を閉じて・・・家に帰ればクリスマスパーティーの準備がされていてハッピーエンド!

…な感じで、「装いもあらたに4クールに突入~」って、なんだやっぱり終わりじゃなかったんだー!毎週日曜の楽しみが減らなくて良かった~!

次回は一回お休みで、1/6朝10:00~の放映だそうです。

ちなみにさんざんパロディで出てきたグレンラガン、念願のAT-Xで明日より第一話から放映開始だv!!! クリスマスイブから開始とはゲンがいいな! さすが俺様カミナ様!

「一話と二を見なきゃ今後の面白さはわからないぜ!見られない野郎は録れ!!!!」

というわけで次回のハヤテのごとくも楽しみであるぞよ~^^

| | コメント (0)

VOW系のネタ、かな?

クリスマスにプレゼントをくれようって気持ちは嬉しい。けど・・・

とりあえず、いらないかなー。

Vow01

一生にそう何度もなさそうな数千万円の買い物のおまけとして100円ってどうなのよ。

そこんとこ問いたい。

続きを読む "VOW系のネタ、かな?"

| | コメント (0)

2007年12月19日 (水)

鏡音リンの声が聴けるように

なりましたね!デモソング待ってました!

http://blog.crypton.co.jp/mp/2007/12/vocaloid2_19.html

歌の最初のうちは「え、ミクそっくり!?」と思うんですが、ずっと聞いてると、あーたしかにか細い声のミクにはできない歌い方だなとか、思う場面が出てきました。

逆に、この声だと、はかなげな歌を歌ってもらうのには「やっぱミクが合うなー」と思う感じの違い、でしょうか。

初音ミクも買って、鏡音リン・レンも予約してある自分としては、個性が全然なかったら凹むところですが、中身の詰まったボリューミーなリンの声が購入前に聴けてひと安心♪

ちなみにこのニュース相変わらずへろみさんとこの日記で知った。情報通だよなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

ハヤテのごとく!「危うしハヤテ!機能完全停止」

「先行最終回前編」って、次回が最終回っていうことなんでしょうか・・・
毎回ほぼハズレなく面白かったので、日曜の朝はコレを見る生活がずーっと続くと思っていたのに・・・終わっちゃったら残念です。

しょっぱなから敵の執事がハヤテを襲う!

ってか顔がグレンラガンのヴィラルー!しかも声が檜山さんって、まんまヴィラルなんですけどー!?
そしてネタはガオガイガーらしい。
いつも仕込まれたネタが笑えるけど今回はキャラがまんま過ぎです。

今回は悪の(?)学園理事長のさしがねでハヤテの執事の力が吸い取られてしまったとかで、紅茶もろくに入れられず、お湯はこぼし、皿は割り、盆栽は壊し、道には迷い、挙句に暇を言い渡されて、夢の中の両親の嘲笑どおりに「お前なんかに執事なんて立派な仕事がつとまるわけがない、私たちの子供なんだから」な展開に・・・。

でもそのあとのナギの「ハヤテを完璧だと思ってしまってた」と反省するような声に、普段完璧にふるまっている人であっても、たまに失敗してみるのも周りの人間には良い機会となるのかもしれないなーと、真面目な感想をもってみたり。

| | コメント (2)

2007年12月14日 (金)

♪色の無い街

ハツネギのあしあとをたどって日記サーフィンをしていると素晴らしい初音ミクオリジナル曲に出会うことが多くって、思い切ってこのブログでリンク紹介しちゃおうと思います。動画サイトにUPされているものについては無断リンクですがお許しを。

紹介と言っても、正直自分用のブックマークに等しいんですが(笑)

これはぺぺろんPさんの「色の無い街」。歌は初音ミクです。

| | コメント (0)

2007年12月 4日 (火)

鏡音レン

ちょ、鏡音リンって双子だったんだー!!?

先日ヨドバシに行ってDTMソフトとか打ち込み用キーボードとか見てきたのですよ。その時には、チラシに印刷されていたのはリンだけだったのに。

正式発表は明日です、というので楽しみにしていたら、

双子って、女の子同士じゃなくて、男の子なんだー!!

少年キター!!!

声優さんは一人二役だそうですが。

最初描き間違ってしまったのですが、セーラー服の胸元はリンのト音記号とおそろいかと思ったら、レンのほうはヘ音記号なんですね!

ちょっとしたところが凝ってる♪

情報不足で髪型とかしょってる楽器らしきもの(ギター?)とかわからないままなんですけど、あまりの衝撃に冬コミ原稿うっちゃってレン君を描いてみた☆

Len01

ちなみにリンとレンの発表記事はこちら

http://blog.crypton.co.jp/mp/2007/12/vocaloid2_cv02_3.html#more

そして発売元のクリプトン公式HPはこちら

http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vocaloid/cv02.jsp

これは・・・イケますv 可愛いとカッコいいの間で絶妙な設定だvv

一緒にハマってくれる人を激しく募集中!!!

| | コメント (0)

ローゼンメイデン・トロイメント 最終回

最終回。アリスゲームがついに結末を迎えました。

結局、ローゼンメイデンのドールたちは誰も勝利しなかったのであります。

ええ、誰も。誰一人として。

確かに、疑問はあったんだよね、古い話のはずが現代にお父様?って。

けどそれを説明するかのように「いつの時代にも色んな人物として現れる」と言っていたので、そうですかそれなら・・・と納得していたのですが、

やっぱり、だよね!

それにしても、一度は動き出してしゃべり始めたドールを作った彼は並ではないのだとは思うけれど。

悲しいことに、ドールたちは、一部は戻ってこられたけれど、一部は眠ったままです。

これは続編を見ないといたたまれません。

でも一部と比べてジュンがすごく成長してまっとうな人になり過ぎてて一体どうしちゃったのこの変貌ぶり。

よっぽどドールに癒し効果があるんですね。

真紅は主人公ぶりを発揮したとは思うけれど、そうは言っても、せつないラストでもありますね・・・。結局ひなと蒼はどうしようもなかったのか・・・

水銀燈がめぐの所へ行けたのはせめてもの救いですが、あのあと事情を説明されたのかなぁ?ローザミスティカが全部集まれば助けられるって言うのはウソだったんだろうか。だとするとメグを助ける望みが消えてしまった水銀燈は少しやりきれない思いかも。

あるいは嘘ではないと思って、相変わらず勝負を仕掛けてくるかも・・・

完全に終わりというわけでもない事態ではあるけど、話自体は落ちがついた。
面白かった。ただ単に誰が勝つかという話で終わらなかったから。

| | コメント (0)

コードギアス反逆のルルーシュ第25話(最終回?)

えッこれで終わりなの!? え?え?ええぇえっ??

っちゅうところで画面が真っ暗になっておしまい。

そ、そんなぁ~~~!!

でも思うに、途中から新キャラは続々増え、話は膨らみ、音楽も変わって、それでこれっていうのは、きっともともとの放映期間よりも延ばす話が一度は決まったんだろうなー。

続編とか出るのかなー。

話をまとめると、ゼロの仮面をスザクが撃って、仮面が割れてルルーシュだと分かり、スザクとルルーシュが互いに銃をぶっ放す!

二人とも絶体絶命!

完。

・・・・・・どう感想を書けばいいのか・・・・・・

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »